新生銀行カードローン レイクの返済を延滞したら、まずは電話で連絡を入れましょう

本記事は、レイクでキャッシングしたお金の返済を遅らせてしまった際にしなければならないこと、また、ふと返済するのを忘れてしまわないようにする方法についてのお話をしていきたいと思います。
レイクにおいては、返済すべき日に返済が行なえなかった場合には、キャッシングしたお金の金額に対して、20%という高い金利がかけられることとされていますので、計画的に利用することを心掛け、出来る限りこのようなことは避けたいところです。
まずは、返済を遅らせてしまった際にするべきことについて見ていくと、大事なのはとにかくその事に気付いた時点で、レイクに電話をすることです。
そして、その際には遅れてしまったことを詫びること、いつなら返済を行なえるかといったことを伝える、この2点は必ず行なうようにして下さい。
さらに、やむを得ない事情によって返済が行なえなかったのであれば、その旨も含めてお話するようにして下さい。
つづいて、そもそもなぜこのような電話が必要なのか?と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれないので、このことについて見ていくと、この電話は必ずしなければならないというわけではありませんし、別に電話を入れずに返済日の次の日に返済を行なってしまってもレイク側には支障はほとんどありません。
それでも電話を入れることによって、レイク側で返済に関する助言をしてもらえることがあり、さらに返済が遅れてしまったことをきちんと詫びることによって、レイクに対して“この利用者は悪い人ではない”とイメージさせることも可能となります。
ですが、この電話を入れようが入れまいが返済を遅らせることによって、レイクの方から電話はかかってくるので、そのことは頭に入れておいて下さい。
次に、何らかの事情によって、返済日を迎える前に返済を行なえないことが分かった際にするべきことについて見ていきたいと思います。
この際にしなければならないのは、返済日を前もって変えておく作業となります。
このことを行なうには、レイクのWEBサイト上にある会員の方専用ページの中に“ご返済予定日の登録・確認”というものがありますので、そこから行なうようにして下さい。この作業は返済する日の3日前より行なうことが可能となっております。
言うまでもなく、お電話でも行なうことが可能ですので、パソコンに弱い方などはこちらを利用されると良いかと思われます。
ちなみにこの際の電話番号は“0120-09-09-24”となっており、受付時間は土日祝日を除く午前9時から午後6時までとなっております。
つづいて、返済に充てる為のお金は準備出来ているのにも関わらず、ふと返済日を逃してしまう時の対策について見ていきたいと思います。
この対策としては、レイクにはメールで返済日を知らせてくれるサービスが用意されていますので、こちらを御利用になられることをお勧め致します。
このサービスを利用することによって、返済を行なう日が3日後となった時にメールで返済をお知らせしてもらえます。
このサービスにつきましても、会員の方専用ページより自由に登録が行なえますので、返済に不安がある方は、登録されることをお勧め致します。
最後にこれまでのことをまとめていくと、レイクでキャッシングしたお金の返済が遅れた際やもしくは返済する日に返済が行なえないことが分かった時点で、まずはレイクに電話を入れ、その電話では返済が遅れたことに対して詫びることと、いつなら返済を行なえるかをレイク側とお話するようにして下さい。
この電話に関しては必ずしなければならないものではないですが、そこで返済についての助言をされることもありますし、レイク側のあなたに対するイメージも良くなりますので、電話をされることをお勧めいたします。
ただ、こちら側から電話を入れなくても、返済が遅れた際には会社側では利用者に電話をすることとなっていますので、どちらにしても電話で話すことにはなります。
さらに返済日を迎える前に返済を行なえないことが分かった際には電話やレイクのWEBサイトにて返済する日を変更出来ますので、これらを利用されるのも1つの手であります。
これとは別に返済が行なえるのにも関わらず、ふと返済日を逃してしまうといった方は、返済日をお知らせしてくれるサービスもありますので、是非御活用下さい。

1

プロミス 
プロミス 

プロミス プロミス レディース

プロミス レディースプロミス 

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~17.8%
1万円~500万円
最短30分

2

レイク
レイク

レイクレイク

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~18.0%
1万円~500万円
最短30分

3

アイフル
アイフル

アイフルアイフル

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~18.0%
最高500万円
最短30分

サブコンテンツ

このページの先頭へ