レイクのような銀行系の会社でキャッシングを行う際に考えるべき大切なこととはどのようなことか?

かつてのサラリーマン金融の印象が抜けきれない方であれば、現在でもレイクといったキャッシング会社からキャッシングを行うことに抵抗があっても不思議ではありません。ただ、自分の目的に合ったキャッシングとなってさえいれば特に問題となるようなことが起きないというのも事実です。賢いキャッシングを考えた上で重要なことは、キャッシングを行う金額やその際の金利、毎月の返済金額や返済月数、利用可能なATM、万が一の時の相談手段等と言えます。貸金業法をメインに法律が改正され、総量規制の誕生、上限部分の金利の見直し、消費者金融が銀行の傘下となる等といったことによって、消費者金融等の貸金業者の印象はかなり良くなりました。とはいえ、キャッシングを行った時の金利は住宅ローンを利用した時の金利と比較するとまだまだ高いものとなっているので、返済に関して不安に思われている方が多くいらっしゃるのが現状ですが、現在も多くの方がキャッシングを利用しているのも事実で、その大半の方はきちんと返済も行っています。

さらに大手の都市銀行がこのような業界に多数参入してきたこともあって、業界の印象を含めサービスもより良いものへと変化しているのです。ですから、かつてのサラリーマン金融のような暗い印象は現在では完全に消えたといっても過言ではありません。それを考えると、キャッシングを行う上で重要なこととなってくるのは、自らの利用目的に出来るだけマッチしたキャッシングが出来るかどうかです。その際に考えなければいけないこととしてまず挙げられるのが金利であり、消費者金融等の金利が下がっているのは間違いありませんが、利用するところによって異なってきます。金利はキャッシングが可能な上限金額によって決定されることが多いため、自分がキャッシングの金額において一番低いところを見つけるようにしましょう。

その次として挙げられるのが、求めている金額のキャッシングを行えるかどうかであり、金利が低くてもそれが出来なければ何にもならないので、求めている金額に届かない等といった際には、金利も頭に入れた上で2社以上からのキャッシングも考えていかなければなりません。その他にも毎月の返済金額、返済月数、返済方法等も重要であり、これらを自分で決められないともなれば、月々の返済に支障が出てくることも考えられ、最悪の場合、借金を増やしてしまうことすら考えられますので、気を付けなければなりません。返済の方法に関しても多いことに越したことはなく、レイクの場合は、提携先のコンビニを利用しても手数料がかからない、銀行口座への振込が利用出来る、口座振替が利用出来ます。このように返済の方法が充実していることによって、返済がより便利となり、返済日を忘れるようなことも減るかと思われます。また、レイクにおいては返済の相談も行うことが可能ですので、返済に困った時でも安心です。今回ご紹介したレイクもそうですが、キャッシングを行う金額やその際の金利、毎月の返済金額や返済月数、利用出来るATM、万が一の時の相談等といった点についてチェックしていけば、上手なキャッシングを行っていけるのではないかと思われます。

1

プロミス 
プロミス 

プロミス プロミス レディース

プロミス レディースプロミス 

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~17.8%
1万円~500万円
最短30分

2

レイク
レイク

レイクレイク

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~18.0%
1万円~500万円
最短30分

3

アイフル
アイフル

アイフルアイフル

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~18.0%
最高500万円
最短30分

サブコンテンツ

このページの先頭へ