新生銀行のレイクとプロミスのどちらを利用すればよいのか?

レイク、プロミスを詳しく分析した結果についてキャッシングを考えた際に、新生銀行のレイクとプロミスのどちらを利用すればよいのか迷ったことはないでしょうか?レイクとプロミスにおいて同じ点といえば、いずれも無利息で利用出来る期間が存在し、異なる点は業種となります。レイクの場合は銀行であり、プロミスの場合は消費者金融です。そのため、サービス提供時に則るべき法律も異なっています。

今回はこれら2つの違いを簡単に見ていきますので、参考にして頂ければ幸いです。最初に無利息で利用出来る期間ですが、レイクの場合は1か月間無利息であるというサービスと5万円以下の場合、半年間無利息であるといった2つのサービスが存在しています。一方のプロミスでは1か月間無利息という1つのサービスのみです。ここで注目したいのは、少ない金額を希望する際の“5万円以下の場合半年間、利息がかからない”ということでしょう。

キャッシングが可能な上限金額についても違いがあり、プロミスの場合は消費者金融ということで、1年間の収入の3分の1より大きい金額のキャッシングができないといった総量規制が適用されるため、大きい金額のキャッシングを考えているのであれば、レイクを選択した方がよいでしょう。

レイクは銀行ですから、レイクならではのルールにて最大500万円までキャッシングを行うことができます。そして最後は収入を証明する書類に関しての違いです。レイク、プロミスいずれも審査時間が短いため、お申込みをした当日中にお金を受け取ることが可能でありますが、プロミスでは貸金業法に則って業務が行われています。

そのことから、プロミスにて50万円を超えるキャッシングを行う場合、或いは他からのキャッシング金額とプロミスでキャッシングを行う金額が100万円を超えるとなった場合には収入を証明する書類を提出しなければいけません。一方、レイクでは100万円を超えない限りは上記の書類は不要とされていますので、書類の用意が難しい等という場合は、レイクを選択されるとよいでしょう。

1

プロミス 
プロミス 

プロミス プロミス レディース

プロミス レディースプロミス 

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~17.8%
1万円~500万円
最短30分

2

レイク
レイク

レイクレイク

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~18.0%
1万円~500万円
最短30分

3

アイフル
アイフル

アイフルアイフル

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~18.0%
最高500万円
最短30分

サブコンテンツ

このページの先頭へ